So-net無料ブログ作成
検索選択
飛行&作製 ブログトップ

2013-08-15 離さなければ [飛行&作製]

今朝も朝練してきました。





IMGP4960.jpg





1本目は各方向のホバと前後移動



アイレベルで20メートル先でも何の不安もない。



2本目はアイドルアップ1で10メートル先で上空にもっていってみた。




この距離なら問題ないようだ。




そこで飛行エリアを代えて上空ホバを試してみる。



離さなければ大丈夫そうだ。



そこで背面にしてみたがマイナス入れる量が適量にできない。


最初は少なかったし慌ててスロットル下げたら多過ぎだし。



即正面に戻して着陸態勢に。




背面もボチボチ慣らしていきましょう。








2007-11-30 バッテリーサポート取り付け [飛行&作製]

昨日の夜ちょっと改造を。
King2のバッテリーサポートを買ったので、取り付けてみました。
スキッド北海道のお店のスーパーランディングギヤを使っているのですが、ネジ穴が合いません。
そこでドリルで穴を開けなおして取り付けました。

ついでにKing2のスキッドも交換しました。

HBSⅡアメンボ付きの重量は、387gになりましたが、以前が384gだからほとんど変わりません。

天気 曇り  風 2、3メートル
朝練HBSⅡで1本しました。
ケツホバまだまだ安定はしていませんが、昨日よりはマシです。
気合を入れれば5秒程度なら止まっていますが、疲れます。
気を抜くとすぐ2メートル以内のフラフラ状態に。
ちょっとだけ横ホバっていうか、横向きにしただけですが、機体の傾きが全然わかりません。
機体が動いたら当て舵する程度ですから、止まってません。
m字ホバも多少はよくなっている感じですが。
その後、横移動&ラダーターン。
調子がいいので旋回をしてみると、右ターンはいいのですが、左は躊躇してしまい、出来ませんでした。
最後に前後移動してみましたが、8メートルぐらい離れると外灯の明かりが届かない所に入ってしまって、焦りましたが、無事朝練終了です。


2007-09-01 CP2またまた復活 [飛行&作製]

朝5時前は曇っているせいか暗いです。でも風はありませんでした。
5時半頃ようやく飛ばすのに問題ない明るさになったので朝練2本しました。

天気 曇り  風 1,2メートル

まずKing2から
ケツホバ、横ホバ共安定しません。
004と舵の効きが違いすぎて、多く舵を打ってしまいます。
T字ホバも同じ様です。
前後移動は風が少しあるの忘れて不用意に8メートルぐらいまで上げてしまい、危うく屋根に着陸させてしまうところでした。
その後横移動、ターン練習をしましたが、8の字旋回で反時計回りがダメです。
全般的にまだまだコントロールできていません。

次004
各ホバから、King2より安定しています。が、何時と比べるとまだまだです。
T字ホバも問題なし。
前後移動は5メートルぐらでやりましたが、それでも下ろすのに何時もより気を使いました。
8の字旋回はまあまあでしょう。
小回りの8の字もやりましたが、ちょっとスピードが出すぎて危ない場面がありましたが無事終了です。

Cp2ですが、4in1がダメになってしまい、004の余っているのを使って復活です。
また熱を持って4in1が壊れるのが怖いので、ちょっとホバして様子を見てみました。
トラッキングが合ってません。PROPORTIONALも合っていません。
3分ほどホバしてみて何処か熱を帯びた所があるかみてみましたら、4in1はOK。テールモーターはOK。バッテリーは3分にしては熱いかな。一番熱かったのがコネクターでした。ここで熱持っちゃうとアンプがヤバイかな?


2007-08-18 004改 [飛行&作製]

天気 曇り  風 微風
午前中、何時もの所が使えなかったので、King2を玄関先でホバしました。
顔の高さは怖いのでひざ高又は、2メートル以上のホバです。
2階の軒先ぐらいまで上げましたが、さほど怖くはないです。
でもそれ以上には上げられませんでした。

その後荷物が届いたのでCp2改を004改に作り変えました。
軽い004と重い004、どちらが自分に合っているか確かめたくて作ってみました。
ちょっとホバしてみたのですが、いい感じです。
全然調整しないで大丈夫みたいです。
ローターはノーマルなので軽く浮きます。
ローターもM24にしたかったのですが、重量が367g(バッテリー込み)もあるのと、まだ使っていないノーマルローターがあったので、とりあえずこの仕様でやってみます。

午後何時もの所で004と004改の2本練習しました。

最初は004改から。
ケツホバ、横ホバ共に”ん~”て感じです。
T字ホバも同じく”ん~”。
前後移動はジャイロがGY240と云うことで全然問題無し。
ターンはストールターンはいい感じだけど、旋回となると全然ダメでした。

次004
こちらの方がケツホバ、横ホバ共に安定しています。
T字ホバも何時もの様にいいです。
前後移動は後退がギクシャクしています。
ターンは004改と同じく旋回が全然ダメでした。


2007-08-03 004スーパーランディングギヤに履き替 [飛行&作製]

天気 曇り  風 3~5メートルぐらい
朝練2機しました。
と云っても風が強いのでほとんどホバーリングでした。
King2の時は本当に風が強く地面に叩きつけられそうになりました。
こんなんで壊してはばからしいので早々にKing2は中止
004に換えて練習しました。
すると風が弱くなりだし、ストールターンの練習を1分ほどしました。
ところがまた風が強くなりはじめた為、着陸させるのもやっとこでした。
合計5分も飛ばしていないのではないかな。

004のハンチングが、収まらないので4in1をマストの下に移動しようと思いました。
が、もっと簡単にマスト下に持っていくには、スキッドをスーパーランディングギヤに履き替えれば移動完了です。
履き替え前の重量が、315g
スキッド履き替え後が、333gです。
風が強いのでケツホバしかしていませんが、イメージしている様には安定していません。
重くなったので以前より安定しているだろうと思っていたのに、期待はずれでした。
地道になれるしかないようです。


2007-07-08 004が変 [飛行&作製]

天気 曇り  風 微風
朝練3本しました。
まずKing2
3セル1350mAのリポで
最初はホバから少し高度を上げて2メートル50ぐらい、突然変な挙動をしました。
次の瞬間落ちました。
どうしてこうなったのか訳も分かりません。
恐る恐るひざ高ぐらいでホバ。やはり落ちます。
なにげなしにプロポを見るとアンテナが伸びていません。
これでした。その後はなんともなくホバできました。
問題も解決したので前後移動です。
昨日より気分は楽ですが、バックの時のエレベーターアップがうまく打てません。
さがってくるとどうしてもすぐにダウンを入れすぎてしまうので、途中で止まってしまいます。

次004各ホバ、ん~。
T字ホバ、ん~。
ターン、ん~。
全然ダメです。
舵が利かないと云うか、遅いと云うか、しかもラダーが利き過ぎ。時計回りに回ります。
昨日と全然別の機体になっているようです。
とても飛ばせません。

気を取り直してKing2
3セル1000mA。Cp2付属のバッテリーです。
前後移動の練習
これといって別段さっきと変わらずに飛ばして朝練終了です。

004の飛びがあまりにひどかったので、ローター交換しました。
M24の穴はヘッドより小さいのでヤスリで穴を広げました。

スピンドルも曲がっているみたいなので真直ぐに延ばしました。
綺麗なローターになって004復活です。
明日テストホバしてみます。


2007-06-17 記憶確かかな? [飛行&作製]

天気 快晴  風 無風
朝練2本してきました。
まず004
昨日テールムーブを修理しておきました。
A師匠直伝の修理法です
まず材料ですが、折れたフライバーとタイラップです。

これで修理完了です。
バランスをみてみました。結構テールヘビーです。
オモリを乗せてみると10g以上必要です。
とりあえず10gのオモリをつけておきました。

結果は見事重すぎです。
ひざ高ぐらいまでしか上がりません。しかもまだテールヘビーです。
やっとホバして感覚つかんで、ターンしたら向がかわったら地面にタッチと云うかぶつかってから浮き上がります。
全然練習になりません。

次CP-04
ピッチ角結構いいです。
あとホバ調整すればいいのではないかな?
と思っていたら、柱にローターを当てました。
ローターを戻そうとしたら、硬い、きつく締めすぎてます。
昨日ピッチ角調整できつく締めたままでした。
そのまま引き続きホバしたら、ローターが波うっているように見えたので、今日の朝練は終了しました。

CP-04ですが、テールモーターが004より熱くなります。やはりプロペラの向きが影響するのでしょうか?
HinadoriさんのHPでタイラップで50XCを付けていたので真似しました。
また、今リポを充電したら、どうもカラみたいでした。と云うことは004は10gのオモリでも大丈夫てこと?
ほんとマヌケです。

CP-04のシーソーをノーマルに戻しました。
それからスピンドルを削って0.4mm短くしました。
もう少し短くしたかったのですが、ねじ山がそこまでしか切ってなくてできませんでした。
テストホバの結果は
最初50センチぐらいピョン飛びしましたが、
その後はスロットル操作に気を使ったせいか、ほとんどピョン飛びしないか、10センチ程度のピョン飛びで収まっていました。
急な落ち込みはほとんど無くなりました。
ヤスリをかけてないパドルコントロールフレームプッシュロッドの面にしてホバしたら少なくとも30cmのピョン飛びしてました。(以前はもっとピョン飛びしていた記憶があるけど)
それで気を良くして3セルリポでホバしました。
これが大変でした。いきなり2メートルぐらいピョン飛びしました。
やはりSD370モーターは桁違いのパワーです検証になりません。

この結果で大体の答えが見えてきました。
やはりパドルコントロールフレームプッシュロッドとメインブレードグリップが当って起こった現象でしょう。
その解決方法は当っている所をスルスルにする事と
スピンドルを短くする事だと思いました。
(ノーマルのCP-2を持っていないし多数の検証結果を得ていないのに、適当に決めつけています。外していたらスミマセン。)


飛行&作製 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。