So-net無料ブログ作成
検索選択
メインフレーム修理 ブログトップ

2008-02-24 キャリバー始動&フレーム修理 [メインフレーム修理]

天気 晴れ  風 2~5メートル
朝キャリバーを持って外に出ました。

スロットルを少しづつ上げていくと振動がでます。
それでもお構い無しに上げていくと気体が時計回りに回り始めました。
ジャイロの向きが逆です。
ドライバーも何も持ってきていないし、今日はちょっと気が進まないので中止にしました。
帰ってからローターバランスをみると、シールが貼ってある方が重いかった。
なにをやっているのやら。

午後3時頃、外に目をやるとだいぶ風が収まっているみたいなので、玄関先でホバしてみました。
風はだいたい2メートルぐらでした。
意外とスロットルの低い所で浮上してしまいます。
以前ホバした時はなかなか浮かなかった記憶があるのですが。
ラダーのセンターもでていませんし、調整がこれからなのでフラフラです。
すると急に後ろから5メートルぐらいの突風が吹いてきました。
危うく落とすところでした。
ちょっとピッチカーブが気に入りません。
Idol-Upで-11°~11°の設定でピッチカーブが0-25-50-75-100
ノーマルが50-62-75-87-100でしたので
45-55-65-75-85に変更します。
これで回転で浮くようになるでしょう。

飛行会で破断したKing2のフレーム修理です。
アルミの板を使うか悩んだのですが、加工しなくて済むフライバーで挑戦してみます。
Cp2とKing2の曲ったフライバーがあるのですが、ドリルの関係から少し細いCp2用を選択。
それとフレームの肉厚もキツイのでCp2の方がいいでしょう。
まずドリルで穴を空けてフライバーを差込みます。

フライバーを骨がわりにして、溶接加工しました。
見た目は悪いですが、加工精度はまあまあ。
問題の強度ですが、変らないか多少強いようです。

写真撮り忘れましたが、フレームの内側も溶接しています。


2007-08-20 メインフレームの修理 [メインフレーム修理]

天気 快晴  風 2メートルぐらい
午前中2本練習しました。

004から
各ホバ、対面は全然ダメです。落としそうになり、即やめました。
T字ホバは風がある為ちょっと安定しません。
前後移動、今日は同じく風がある為3メートルぐらいの高さにしておきましたが、風向きが何時もと違うのでやりずらかったです。
次に戻りが対面の前後移動をしましたが、5メートルも戻らないうちに、怖くなり即ケツホバ状態に。
ちょっとハンチングが出始めたので、ここで終了。

次004改
各ホバ。こちらもちょこっと対面しましたが、すぐに横向になってしまったので、そこでやめました。
次前後移動。ジャイロの性能がいいので安心して5メートルぐらいまで上げてしまいました。
ところがやはり、2回前後するうちに高度が8メートルぐらいまで上がったでしょうか。
それを降ろすのがまた手に汗にぎる思いでした。
次は旋回ぽくちょこっと回してみたのですが、落としそうに感じたので、落とすのではなく上に逃げるようにしてみました。
どうにか危険回避はできたのですが、逃げた所も危険区域でした。
上は欅の木、下は建物の屋根。降ろす間は6メートルぐらい。
屋根にぶつかりそうになり、肝を冷やしながら、無事着陸させました。
バッテリーも暖かくなっているので、これで練習終了。

大ヒントを頂いたので、ヒビが入ったメインフレームの修理をしました。
ムーブの両脇から針金を出して、マストの柱に結びました。
上下動に備えての補強もしておけば、もう少し使えるでしょう。


メインフレーム修理 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。